個人再生をして感じる安心感と後ろめたさ

個人再生をして感じる安心感と後ろめたさ

私は3年前に、個人再生をしました。当時医療費や他の要り様で借金を重ねてしまい、気が付くと様々な会社から150万円ほど借りていたのです。定職は持っていたものの、さすがに滞りなく返すだけの能力はありませんでした。そこで弁護士に相談をして、個人再生の選択を取ったわけです。

 

これにより有難いことに、借金は5分の1にまで減りました。ですから30万円です。自宅に届いていた督促状もすぐに止まり、追い詰められている感覚が和らいだのを今でも覚えています。不動産などの差し押さえもなく、まさに至れり尽くせりでした。

 

しかし個人再生をしたことで、私の名前が官報に掲載されました。なかなか一般の人が目にするものではないですが、万一会社の人や家族に見られたらと思うと不安で仕方なかったです。更に借金を120万円分もなかったことにしてもらえ、大きな罪悪感もありました。合法な手を取ったとはいえ、貸した側からすると良い話ではないでしょう。私は未だにこの罪悪感を抱えたまま、毎日を過ごしています。

 

個人再生をして、私の生活は確かに救われました。ただ普通の任意整理と違い誰かに知られる可能性もありますし、信用情報にも傷が付きました。もう二度と借金はしてはいけないと、強く教えてもらったような気がしています。