個人再生手続きで減額出来ました

個人再生手続きで減額出来ました

借金をしたのはまとまったお金が必要だったからです。家の近所にある金融業者から50万円を借入、その後に追加で50万円を融資して貰いました。最初の内は返済も遅れる事なく出来たのですが、業績悪化などの理由で給料が下がった、ボーナスも支給額がゼロになり、返済が徐々に困難になりました。

 

住宅ローンを利用してマイホームを所有していたのですが、ローンの支払いもあるので金融業者への返済が出来なくなり、債務整理をするために法律事務所に出掛けました。法律事務所には数名の弁護士が在籍しているようで、打ち合わせコーナーはすべて満席状態、他の人も借金問題で来ているのだろうかなど想像しました。弁護士に現在の状況や借金をした理由、借入件数や金額などを説明すると個人再生手続きで行うのが良いと言われたのです。個人再生は裁判所を利用する債務整理の方法、最大で借金が5分の1に減額されるなどの説明を受けたのです。

 

裁判所には再生計画書を提出しなければなりませんでしたが、計画書の作成についても弁護士が全面的に協力してくれましたし、住宅ローンの返済を行いながら残りの債務を返済する事になりました。現在でも住宅ローンの返済は残っていますが、金融業者からの借金はすべて完済出来て良かったです。