借金返済に困り債務整理で解決した

借金返済に困り債務整理で解決した

学生の頃からお金の管理が甘いと言われていて、その悪癖は社会人になってもそのまま継続していました。そのせいか自分が受け取る給料以上のお金を使ってしまうことも多く、毎月の収支がプラスマイナスゼロになることがほとんどだったのです。

 

そんな生活を続けていくうち、物欲が抑えきれなくなってほしいものがあればすぐさま買うようになってしまいました。当然お金はないためカードローンで借り、限度額が一杯になったら別の銀行で再びカードローンを使うというサイクルが定着し、いつの間にか借金額が400万円を超えていたのです。

 

既に自分で返済できる金額ではなくなっていたため、弁護士に相談して債務整理をすることにしました。債務整理は自己破産と個人再生、さらに任意整理という三つの種類がある言われ、自己破産は手続きに時間が掛かるので避け、任意整理では返済しなければいけない金額があまり減らないため個人再生を選びました。個人再生なら、借金を100万円に圧縮して3年かけて返済することで完済したと認められるのです。

 

現在は毎月の返済額を弁護士事務所に振り込んでいますが、加えて日常での買い物に慎重になっています。必要ないものは買わないようにして、少しでも返済を早く終えるつもりです。

債務整理で生活を立て直すことができました

大学生の時に軽い気持ちでカードローンを利用したところ、気軽にお金を借りられることから頻繁に利用する癖がついてしまいました。社会人になってからもカードローンを利用していたら、借金総額が驚くほど増えていて、毎月の返済額も多くなってしまいました。安定した給料をもらっていますが、返済額が大きいので普段の生活に支障が出るようになりました。

 

返済が滞ることによって、厳しい取り立てが行われるようになったので、精神的にも追い詰められるようになりました。そこで弁護士事務所に相談したところ、債務整理をしたほうがいいとすすめられました。そこで正式に弁護士に依頼をして、今まで借り入れをしていた金融機関と交渉をしてもらい、任意整理をすることになりました。

 

借金の金額はそのままで、金利を今までより下げてもらうようにして毎月の返済額を減額するようにしてもらいました。おかげで毎月の給料から返済する金額が少なくなったので、生活に支障が出ることはなくなりました。そして安易にカードローンを使うことの怖さを知ったので、借金をすることはやめて、返済するように頑張ることにしました。

 

弁護士に相談しておらず、債務整理をしていなかったら大変なことになっていたと思うので、相談してよかったです。

債務整理(自己破産)を体験して

今から十数年前のことになりますが、私はいわゆる消費者金融数社から多額の借金をしていました。多重債務の状況に陥っていたのです。借金総額は400万円。月々の返済は10万円程となっていました。

 

借入と返済を繰り返す自転車操業を数年に渡り続けていましたが、転職に伴い収入が激減。自転車操業すらも続けられない状態となってしまったのです。完全に完済の目処がたたなくなってしまい、自殺すら考えましたが、ふと目にした弁護士の無料相談会に参加したところ、自己破産の状態であると諭され、債務整理の手続きを決意。

 

金銭的に余裕がありませんでしたので、全ての手続きを自分で行うことにしました。まず、管轄の地方裁判所で自己破産申請の説明を受けた後に申立書を入手。わからない箇所については書記官に質問しながら、一週間程で完成させました。提出時に数ヶ所の訂正や追記を指示されましたが、無事に自己破産の申し立てを行うことができました。

 

申し立て後、一週間ほどしてから裁判所から尋問の呼び出し状が届きました。当日はとにかく時間厳守に行動。尋問では申立書の内容の確認がほとんどでした。私には所有財産がありませんでしたので、そのまま破産宣告を受けると同時に免責許可の手続きが開始。申し立てを行ってから2ヶ月もしないうちに免責許可を受けることになりました。

 

これにより、私は多額の借金から解放されたのです。

お勧めサイト